So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ドイツ語・忍耐と情熱

ドイツ語を習得している人には何か最初の切っ掛けがあったはずですよね。人それぞれでしょうがどんなことが考えられるでしょうか。ドイツ語を話す地域はドイツとオーストリア全土、スイスの一部地域、リヒテンシュタインなどの公用語でもあります。

ドイツ語は英語にはない、我々にはわかりやすいところがあります。ドイツ語は割と楽に取り組めます。格変化はちょっとややこしいかもしれませんけどね。

ドイツ語の学習を続けていると、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語的な面を発見します。ドイツ語が日本語に似ていると思う点は、それはドイツ語の独特の倒置法がおおいに影響していると思われます。

ドイツ語では否定文を作る場合、否定詞は最後に来ることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私は彼女を愛していない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't love her." "Ich liebe sie nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。ガス爆弾、これをドイツ語ではガスボンベと言いますが、この意味だと日本ではスーパーで爆弾が売られていることになります。ドイツ語式に言えば、この場合ガスタンクが適切です。外来語としては意味がずれて使われるようになってしまった例ですね。

ドイツ語の発音はとてもカンタンです。学習する時間もフランス語の発音の20分の1以下くらいの労力で済みます。ドイツ語の発音で難しいのはMuseum(ムゼウム)など音節の切れ目がいくつか考えられる場合ですが、あとは混乱はほとんどないと言ってよいでしょう。

ドイツ語はメルセデス・ベンツ、BMV、フォルクス・ワーゲン、オペルなど高級外車のイメージがあり、重厚で厳格な響きが好まれてもいます。


ドイツ語マスター・暗雲と青空

ドイツ語を学んだのは自分が音大生でドイツに留学するためという人が案外多いように思います。ドイツ語は、岡崎慎司や清武弘嗣など、日本人Jリーガーのブンデスリーガ移籍などで注目される場合もあるようです。

ドイツ語は英語比較すると、日本人にとっては馴染みやすい一面があります。しかしドイツ語には英語ではすでにほとんど退化してしまっている形容詞や名詞の格変化というややこしい規則がありますから、最初のうちはちょっと面倒ですよね。

ドイツ語の学習を進めていくと、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語的な思考回路の作用が存在していることに驚きます。ドイツ語が日本語に通じると思い当たる点は、それはドイツ語の独特の倒置法がその理由のように思います。

ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私は彼女を愛していない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't love her." "Ich liebe sie nicht." となり、「私は~しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガスボンベはドイツ語由来の言葉ですが、ドイツ語ではボンベは爆弾のことです。ドイツ語的に言えばカートリッジ式ガスタンクとなるでしょうか。これは明らかに勘違いされてしまった例ですね。

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。二重母音に特殊なでも覚えやすい音がありますが問題ありません。ドイツ語の発音で難しいのはö(オーウムラウト)ですが、これは「Oの変音」と言う名前の通り、オーと言った口の形でエーと発音するおとです。カタカナだと「エー」と表記します。Öl [エール] oil Vögel[フェーゲル] Vogel (鳥)の複数形などです。




ドイツ語・苦楽と歓喜

ドイツ語の学習を始めるには、中学校からの英語とは違い、何か自主的な動機がありますよね。ドイツ語が使われているのはドイツ本家のほかに、ウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどの一帯で話されています。

ドイツ語は英語と近いと感じる部分は多くありますが、実は日本語との類似もかなりあると思わせる部分も多いです。ドイツ語の学習の第一の壁は冠詞、名詞、形容詞で起こる格変化かも知れません。慣れてくれば語感で判断できるようになるのですが...

ドイツ語にだいぶ慣れてくると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語の漢字・かな的な発想があり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語が日本語に通じると思う点は、それはドイツ語の語順の自由性がおおいに影響していると思われます。

ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。代表格がアルバイトというもともとはドイツ語の言葉、最近はバイトで定着していますが、アルバイトはドイツ語では「職業」「仕事」を意味するArbeitから派生した日本語の外来語です。ちなみにドイツ語ではバイトはアルバイトでは通じません。英語のpart-time jobを外来語として使っています。変な現象ですね!

ドイツ語の発音は日本人に取っては簡単で、カタカナ表記をそのまま読んでも楽に通じます。ドイツ語の発音で難しいのはö(オーウムラウト)ですが、これは「Oの変音」と言う名前の通り、オーと言った口の形でエーと発音するおとです。カタカナだと「エー」と表記します。Öl [エール] oil Vögel[フェーゲル] Vogel (鳥)の複数形などです。

ドイツ語はオペラ・ファンにはイタリア語と並んで親近感のある言葉ですし、オペラ作品などもドイツ語のものが多いのですね、モーツァルトの作品等がドイツ語オペラの代表的です。


ドイツ語征服・苦楽の極相

ドイツ語をはじめようと思う理由は、義務教育ではじめる英語学習とは根本的に異なる、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。ドイツ語はドイツ本国だけでなく、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの公用語でもあります。

ドイツ語は英語と近いと感じる部分はかなりありますが、実は日本語との類似もかなりあると思わせる部分も多いです。ドイツ語は割と楽に取り組めます。格変化はちょっとややこしいかもしれませんけどね。

ドイツ語の学習を進めていくと、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語の仕組みに通ずるものがあり、非常に親しみを感じてくるようになります。ドイツ語が日本語に近いと感じる点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則がおおいに影響していると思われます。

ドイツ語では否定文を作る場合、否定詞は最後に来ることが多く、これは英語の動詞の否定の仕方とは明らかに異なり、日本語のような思考の流れになります。「私はそれが好きではない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't like it." "Ich mag es nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガスボンベはドイツ語由来の言葉ですが、ドイツ語ではボンベは爆弾のことです。ドイツ語式に言えば、この場合ガスタンクが適切です。この語の場合は間違って定着した言葉ですね。

ドイツ語の発音はとてもカンタンです。学習する時間もフランス語の発音の20分の1以下くらいの労力で済みます。ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。

ドイツ語はもともと学術的な言葉として日本には定着しています、昔は病院のカルテはすべてドイツ語で書かれていました、だから医学生には必修の言葉だったのです。


ドイツ語・契機と発展

ドイツ語の学習を始めるには、中学校からの英語とは違い、何か自主的なキッカケがあるはずですよね。トレンドとしてドイツ語は、内田篤人や大迫勇也など、日本人Jリーガーのブンデスリーガ移籍などで脚光を浴びることもあるようです。

ドイツ語は英語に似ているところも沢山ありますが、実は日本語に似ていると感じる部分も多いのです。ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、格変化で名詞だけでなく形容詞までも変化するところでしょうか、冠詞類+形容詞+名詞類(3つの性)が最大の難関かもしれませんね。

ドイツ語の学習を続けていると、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語的な思考回路の作用があり、非常に親しみを感じてくるようになります。ドイツ語が日本語に近いと思い当たる点は、それはドイツ語の独特の倒置法がその理由のように思います。

ドイツ語では動詞の否定表現の場合、否定のnichtは文末に来ることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定の枠構造が、ドイツ語と日本語では同じ語順になると云う共通点があります。

ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガスボンベは日本語になっているドイツ語ですが、本来はガス爆弾のことです(笑)。ドイツ語ではこの場合、ガスタンクといいます。外来語としては意味がずれて使われるようになってしまった例ですね。

ドイツ語の発音は日本人にとって簡単で、また日本語の発音もドイツ人にとって簡単というつながりがあります。ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。




楽しめるドイツ語習得

ドイツ語をはじめる動機は単純に語学が好きだからという人はそんなには多くないと思います。大学の第2外国語でのドイツ語がはじめてという人もいるでしょう。ドイツ語を話す地域はドイツ本国だけでなく、ウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどの公用語でもあります。

ドイツ語は英語との類似点は沢山ありますが、実は日本語とも構造的に似ていると思わせる部分も多いです。しかしドイツ語には英語では簡略化されている格変化というややこしい活用形がありますから、ちょっと面倒ですよね。

ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語の仕組みに通ずるものがあることに気づきます。ドイツ語が日本語に通じると思ってしまうところは、それはドイツ語の語順の自由性が少なからず係りを持っていると考えられます。

ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。代表選手がアルバイトというドイツ語、この頃ではバイトというのが普通ですが、ドイツ語の「仕事 Arbeit」 「働く arbeiten」が日本語になったものです。ちなみにドイツ語ではバイトはアルバイトでは通じません。英語のpart-time jobを外来語として使っています。変な現象ですね!

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。二重母音に特殊なでも覚えやすい音がありますが問題ありません。ドイツ語の発音で難しいのはö(オーウムラウト)ですが、これは「Oの変音」と言う名前の通り、オーと言った口の形でエーと発音するおとです。カタカナだと「エー」と表記します。Öl [エール] oil Vögel[フェーゲル] Vogel (鳥)の複数形などです。

ドイツ語はクラシック音楽ファンにはわりと親近感のある言葉ですし、オペラ作品などもドイツ語のものが多いのですね、モーツァルトが代表的です。


ドイツ語選択への道

ドイツ語の学習を始めようとしている人は、何かに興味を持ち、そのバックグラウンドとなるものがドイツ語だったからかもしれませんね。ドイツ語が使われているのはドイツではもちろんですが、ウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどの一帯で話されています。

ドイツ語は英語と近いと感じる部分は多数ありますが、実は日本語的な要素が多いと感じる部分も多いのです。しかしドイツ語には英語ではすでにほとんど退化してしまっている形容詞や名詞の格変化というややこしい規則がありますから、最初のうちはちょっと面倒ですよね。

ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語のような感覚があり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語が日本語と似通っていると感じる点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則がおおいに影響していると思われます。

ドイツ語では動詞の否定表現の場合、否定のnichtは文末に来ることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私は彼女を愛していない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't love her." "Ich liebe sie nicht." となり、「私は~しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガスボンベはドイツ語ではガス爆弾という意味になるのですが、日本の家庭にはそんな物騒なものはありませんよね。ドイツ語的に言えばカートリッジ式ガスタンクとなるでしょうか。これは明らかに勘違いされてしまった例ですね。

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。二重母音に特殊なでも覚えやすい音がありますが問題ありません。ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとか1FCケルン、シャルケ、ドルトムントなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。


ドイツ語習得・停滞と突破

ドイツ語をはじめようと思うに至るには、中学校で学び始める英語とは違い、何か自主的な動機がありますよね。ドイツ語を話す地域はドイツではもちろんですが、オーストリア全土、スイスの一部地域、リヒテンシュタインなどの公用語でもあります。

ドイツ語は英語に比べると、我々にはわかりやすいところがあります。ドイツ語は割と楽に取り組めます。格変化はちょっとややこしいかもしれませんけどね。

ドイツ語の学習を進めていくと、ドイツ語には英語にはない特別な日本語の仕組みに通ずるものが存在していることに驚きます。ドイツ語が日本語と似通っていると思い当たる点は、それはドイツ語の語順の流動性がその理由のように思います。

ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語の否定形との語順とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。代表的なのがアルバイト、もっとも最近ではバイトと言ったほうが通じやすいですが、ドイツ語の「仕事 Arbeit」 「働く arbeiten」が日本語になったものです。ちなみにドイツ本国では、バイトのことは、part-time job と英語を使います。面白いですね

ドイツ語はまた発音も日本語に近い母音なので、響きも日本語的に感じる場合も多いです。ドイツ語の発音で難しいのはö(オーウムラウト)ですが、これは「Oの変音」と言う名前の通り、オーと言った口の形でエーと発音するおとです。カタカナだと「エー」と表記します。Öl [エール] oil Vögel[フェーゲル] Vogel (鳥)の複数形などです。

ドイツ語はもともと学術的な言葉として日本には定着しています、昔は病院のカルテはすべてドイツ語で書かれていました、だから医学生には必修の言葉だったのです。


ドイツ語学習の契機

ドイツ語をはじめようと考えている人は、どのような動機でそのような気持ちになったのでしょうか。ドイツ語を母国語としているのはドイツではもちろんですが、オーストリアとスイスの一部地域の共通語でもあります。

ドイツ語は英語比較すると、我々には理解しやすいと感じるところがあります。しかしドイツ語には英語では簡略化されている格変化というややこしい活用形がありますから、ちょっと面倒ですよね。

ドイツ語にだいぶ慣れてくると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語的な面があり、非常に親しみを感じてくるようになります。ドイツ語が日本語と類似していると気づく点は、それはドイツ語の語順の流動性が影響していると考えられます。

ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私は彼女を愛していない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't love her." "Ich liebe sie nicht." となり、「私は~しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。代表的なのがアルバイト、もっとも最近ではバイトと言ったほうが通じやすいですが、ドイツ語の die Arbeit(仕事)、arbeiten(働く)から外来語として定着したものです。ちなみにドイツ本国では、バイトのことは、part-time job と英語を使います。面白いですね

ドイツ語の発音は日本人に取っては簡単で、カタカナ表記をそのまま読んでも楽に通じます。ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、最近ではあまり大げさにやらなくなってきています。

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとかヘルダーベルリン、シャルケ、ハンブルガーFCなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。


ドイツ語攻略・契機と発展

ドイツ語をはじめようと決心した人は、どういうキッカケでそう思うようになったのでしょうか。ドイツ語が使われているのはドイツと隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などで公用語となっています。

ドイツ語は英語比較すると、日本人には理解しやすい一面があります。しかしドイツ語には英語ではすでにほとんど退化してしまっている形容詞や名詞の格変化というややこしい規則がありますから、最初のうちはちょっと面倒ですよね。

ドイツ語の学習を続けていると、ドイツ語には英語にはない特別な日本語の漢字・かな的な発想があり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語が日本語と類似していると思ってしまうところは、それはドイツ語の語順の流動性が少なからず係りを持っていると考えられます。

ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定の枠構造が、ドイツ語と日本語では同じ語順になると云う共通点があります。

ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。ガスボンベは日本語になっているドイツ語ですが、本来はガス爆弾のことです(笑)。ドイツ語式に言えば、この場合ガスタンクが適切です。ドイツ人にタクシーのトランクにある燃料容器を「ガスボンベ」と説明し大笑いされたことがあります。

ドイツ語の発音もとてもカンタンです。覚えるに要する時間は2時間くらいで十分です。フランス語の発音は20時間かけても一気に覚えるのは難しいですので、ドイツ語は日本人に向いていると言えます。例えばデンマークの首都コペンハーゲンは英語ではCopenhagen[コウペンヘイゲン]ですが、ドイツ語ではKopenhagen[コペンハーゲン]です。

ドイツ語はクラシック音楽ファンにはわりと親近感のある言葉ですし、オペラ作品などもドイツ語のものが多いのですね、モーツァルトが代表的です。


前の10件 | -